築浅中古注文住宅をリフォームして住む希望

私は結局、新築一戸建て住宅を注文住宅で建てたのですが、けれどもその選択をする前は、中古住宅をリフォームして住もうと思っていました。なぜなら、その方が固定資産税がものすごく安いと聞きましたので。ですから、非常に惹かれていたのです。

当時30代だったのですが、それでも数千万円の買い物には恐怖を感じますもん。住宅ローンを組んで建てるとは言え、この先の人生何があるのかわかりませんから、マイホームを建てる際のお金は、できるだけ安く済ませることができればいいと思いました。

それに、私の友人が築浅の中古注文住宅を購入して、そして住んでいるのですが、リフォーム費用がそれほどまでにはかからなかったお得物件でしたからね。聞くところによれば、築浅で売り出されている中古注文住宅は、こだわっていいものに作っていたりしますので住みやすいということで。

それに「中古住宅としては安くはないけれど、新築物件だと考えたらかなり安いものだ」と聞き、惹かれていたのです。しかし現実にはそのような魅力的なお買い得物件はなかなか出ないということだそうで。ですから結局タイムアウトで、私たちは中古住宅の選択をやめたのです。今の住宅に満足はしているとはいえ、税金の上でもお得であった中古物件には惹かれるものがありました。